留学をした人は「自分の世界観が変わった」とよく口にします。世界観の変化、これを実際に感じることが出来るのは、異文化に触れた当人だけです。今まで自分を育ててきた文化を飛び出して、言葉も生活スタイルも考え方も違う社会の中に飛び込んでいくことで、それまで刺激になり得なかった物事が、自分を良くも悪くも刺激します。その刺激物は、自分がこれまで自国にいたときにも存在していたものであったり、そうでなかったりします。たとえ存在していた物だったとしても、またそうでなかったとしても、それが異国では真新しく見え、刺激となり、新たなインスピレーションと変化するのです。そのインスピレーションこそが、世界観の変化の要因と言えるでしょう。

留学というものは、普段の生活では気づけないものを気づかせてくれるチャンスです。決して難しいものではありません。自分の世界を飛び出して、別世界に触れることで、これまでの自分が感じ取っていた世界が一気に広がっていくのです。広がった世界には、たくさんの宝物が落ちています。今まで考えなかった人生の捉え方・ライフスタイル、世界環境に対する考え、世界平和、宗教的思想、家族の形など、たくさんの宝物が私達が見つけてくれるのを今か今かと待ち受けています。留学は、決して語学学習のためだけにあるのではありません。自分の世界を広げるチャンスの一貫だと思ってトライすることも、一つのスタイルではないでしょうか。

留学に関する情報は・・・『留学スターターガイド